「中小の薬局の求人を見ているんだけど、中小の薬局で働くメリットとデメリットが知りたいな……」


私は、調剤薬局事務として、業界で5年勤務しています。

大手の薬局さんでも、地元密着型の小さな薬局さんでも勤務した経験があります。


今回は、「中小調剤薬局のメリットとデメリットについて知りたい!」と疑問に、経験から考えることをお答えします。


なお、大手の薬局さんで勤めるメリットとデメリットはこちらの記事で解説しております。よろしければ(=゚ω゚)

中小調剤薬局に就職するメリットはなに?


・休みを相談しやすい

・残業が少ない

・ヘルプや転勤がない


私が考えるメリットは以上の3つです。ひとつずつ解説していきます。


休みを相談しやすい

もしも急に体調を崩したとき、あるいは家庭的な都合があったときには比較的に臨機応変な対応をしてくれます。


個人経営であると、経営者との距離が近いです。経営者・意思決定権を持っているため、細かい規定に縛られません。

もちろん、週2回休みが固定であるとしても、「どうしても」の時には、店長(管理薬剤師さん)に相談して対応してもらったこともありました。


残業が少ない

自分の業務が終ったら即「お疲れ様でした」で帰ることができました。


大手にある業務後の日次報告がありません。月次報告書もありません。

毎日の業務で患者さんが遅く来客したり、病院から処方せんのFAXが送信されてくることは確かにあります。場合によっては長いと2時間ほどの残業をしました。

しかし、私の場合に月でトータルの残業時間を計算したら、大手よりは少なかったです。


ヘルプや転勤がない

店舗がそこだけなので、ヘルプや転勤がありません


本当に自宅の近くで勤めたいと思ったら、小規模なところも考えてみてはいかがでしょう。

あるいは中規模にしても、店舗の展開がそんなに広範囲ではないところを視野に入れるのも手です。


ヘルプや転勤もいざやってみるとリスクにはなります。

1日ヘルプ→所属店舗3連勤→1日ヘルプ→所属店舗の5連勤。片道1時間以上はやってみると分かりますが割としんどい……(-_-;)毎週続くと、自宅近くの店舗に応募した意味を考えてしまいます。


中小調剤薬局に就職するデメリットはなに?


・研修やマニュアルがない

・給与や待遇で揉めることがある

・空気が悪いと胃が痛くなる


これまでメリットについて述べてきましたが、デメリットは以上の3つです。


研修やマニュアルがない

現場で学ぶ・自分で調べる」を体現している環境です。引き継ぎをきちんとしているのであれば問題ありません。

 

ご家族でやっているような小規模の薬局さんでは、マニュアルがありませんでした。


大手の薬局さんであれば業務マニュアルがあるため、「この業務はこう処理すればいい」というのが分かります。

しかし、そうした手順が決まっていません。新しい制度ができた場合も自分で調べて情報を集め、手順を自分で決める必要があります。


給与で揉めることがある

「面接のときと話が違うではないか!」……というもの。それは待遇において大手でもありますが(「夏季休暇とれるといったのに取れないじゃないか!」ってやつですね)、給与となると別かと。


これは私の体験談です。面接では、

「○○(給与額)でいいかな」

と言われていました。しかし、採用から初出勤の朝、

「さくらさん、給与なんだけど面接では○○って言ったけど△△でいいかな?」

と値下げ交渉されました。

応じるつもりは最初からなかったので、「○○っておっしゃいましたよね?」と言って押し通しましたけど、こういう悶着はしたくないです。


このときは、きちんと書面にしてもらわなかったこちらにも落ち度はありました。最初の面接や入社時に、双方しっかり取り決めておくことが重要になります。


空気が悪いと胃が痛くなる

店長(管理薬剤師)さんの機嫌が悪いとき、または従業員同士で揉めるときには、お店の空気が悪くなります。


大手の店舗でも人間関係の問題は少なからずあります。

しかし、私個人の感覚的には空気の通りは小規模の薬局さんと比べたら大手の方がいいです。

自分のことではないにしても、その場にいると息が詰まるというか、本当に、逃げ場がないので……(´・ω・`)


まとめ 


中小調剤薬局に就職するメリットとデメリット

メリット

・休みを相談しやすい : 臨機応変に対応してくれます。

・残業が少ない : 通常の残業はあるが、日次、月次の業務がないため総じてマイナス。

・ヘルプや転勤がない : 一店舗しかない場合は当然なし。

デメリット

・研修やマニュアルがない : 基本自分で調べましょう。

・給与や待遇で揉めることがある : しっかり取り決めておきましょう。

・空気が悪いと胃が痛くなる : 空気が悪くなると逃げ場がありません。


大手のメリット・デメリットの記事もそうですが、正直に私が現場で感じたことを書いてきました。


私も日本各地の薬局さんを巡ったわけではありません。これを読んでくださっている方の薬局さんはこうではないかもしれませんし、また、あなたがこれから受けようとしている薬局さんがこうとは限りません。


これは蛇足になります。もし、今見ている求人に申し込もうか悩んでいる方へ。

私は一歩踏み出すまで、結構足踏みするタイプです。ただ、この業界でも、過去には他業界でも転職をしていた身として言えることは、「とりあえずやってみませんか?」ということ。

日本は会社が多いです。薬局さんも多いです。そして、自分に100%合うところは恐らくありません。みんなどこかで妥協しています。


求人票からして、見るからにブラックだと思うとことに進んで応募する必要はありません(むしろそれはやめておきましょう、あとが大変です(+_+))。

でも、入社してみてから自分との妥協点を探せる会社があればいいと思って、気になるところにはひとまず応募してみて、面接で話を聞いてから決めてみてはいかがでしょうか(*´ω`)

この記事が、少しでもその選択における参考になりましたら嬉しいです。