「調剤薬局の求人を見ているんだけど、大手と中小どちらがいいかな。そもそも、大手薬局で働くメリットとデメリットが知りたいな……」


どちらがいいのか、というのはその人に合う、合わないがあるので一概には言い難いです。

しかし、合うか合わないかも、双方のメリットとデメリットを知らなければ判断のしようもありません(´・ω・`)


私は、調剤薬局事務として、業界で5年勤務しています。

(全く意識せずに入社して)大手の薬局さん、地元密着型の小さな薬局さん、双方の勤務経験があります。


今回は、「大手調剤薬局のメリットとデメリットについて知りたい!」という疑問に、私が実際勤務した経験からお答えします。


大手調剤薬局に就職するメリットはなに?


・研修制度がある

・マニュアルがしっかりしている

・給与が決まっている


私が考えるメリットは以上の3つです。


研修制度がある

入社後の研修制度が整っているところがほとんどです。

 

大手の調剤薬局は2箇所の経験があります。面倒見の良い方々に会えたというのもあるとは思いますが、どちらとも入社後の試用期間はしっかり教えてもらうことができました。

とはいえ、薬局内が忙しくなると研修なんて言っていられません。「やって覚える、現場で学ぶ」というスタンスに変わりますが、それはそれで覚えられます。


マニュアルがしっかりしている

基本的に業務マニュアルがあり、やり方が統一されています。


大手さんは本部でいくつもの店舗の状況を把握しないといけないからですね。みんなやり方がバラバラだと困ってしまいます。


新しいこと(例えば去年末には生活保護の患者さんのお薬が原則ジェネリック医薬品(医師の指示は例外)で処方することになりました)があれば、本部から通達があります。

そして、「今回のことは、このように書類を作って、こう請求すること」あるいは「本部に提出すること」、といったように指示があります。どうしても分からないときは、問い合わせれば教えてもらえます。

給与が決まっている

雇用契約書の書面を交わします。

なので、待遇に関して業務をしながら揉めない、というところです。……揉める場合もあるかもしれませんが。


もちろん、処方せんの枚数やジェネリック医薬品の比率(調剤薬局の加算についてご存知の方は分かると思います)などには細かくチェックします。カツカツしているといえば、給与というか、数字的に、です(これはこれでしんどいところもありますが(;・∀・))。


店長(管理薬剤師)さんも雇われているわけなので、決まった額の給与はでます。なので、日々業務しながら従業員の給与のことで揉めることはありません。

たまたま運が悪かったのか、私が勤めた小さい薬局さんでは、「始めに提示された額と違う」ことで揉めた経験がありました。あれは勘弁して欲しかったな……。


大手調剤薬局に就職するデメリットはなに?


・ヘルプ、転勤がある

・休みがとりづらい

・報告のための残業業務がある


私が考えるデメリットは以上の3つです。


ヘルプ、転勤がある

他店舗で人員が少ないとヘルプに出され、自宅から片道1時間~1時間半以内で転勤の可能性があります。

 

応援を頼まれると、基本的に管理薬剤師さん以外は薬剤師さんでも事務員さんでもヘルプに出ます。また、パートや時短勤務の方よりも、当然正社員が出ます。

自宅近くで勤務できると思って選んだら、片道1時間弱のところへのヘルプが月6回とかあることも。


転勤に関しても同様で、基本的に断れません。「1時間くらいならいいかな」という方もいらっしゃるとは思うので、個人の匙加減にはなります。

もしも気になる方は、面接のときに確認してみてもいいかもしれません。


休みづらい

病気、家庭の事情、急なことがあっても休みづらいです。


意外かもしれません。大手ほど休みやすいイメージがありますから。

実際、店舗の管理薬剤師さんや、店舗を束ねているエリア長さんにもよることも大きいのでしょうが……。


調剤薬局に限らないとは思います。なにかあっても「ヘルプを手配できる」とはいえ、「休んではいけない空気」の方が濃くて。

その点では、小さい薬局さんの方が、「1日、2日くらい全然大丈夫だよー」と、割と柔軟に対応してくれました。


報告のための残業業務がある

薬局を閉めてから、その日の報告を本部に提出しなければいけません。


レジを計算し、報告書を作ります。提出自体はその日のうちに、という薬局さんと、翌朝でもいいよ、という薬局さんがあります。

作ったあとも、月次の報告書に書き込んだり、処方せんをスキャナーに読み込んだり……と作業が続くので、スムーズにいくと30分くらい。

レジが合わないと大作業になり、1時間以上残ります。


残業に関しては、小さい薬局さんでもあります。

介護施設の方々の処方せんがぎりぎりであがってくると、事務員はその入力、薬剤師さんは一包化(翌朝チェックするため)に追われます。長いと2時間ちょっとくらいは残業したかしら。

ただ、報告に費やす毎日の残業はほぼありませんでしたので、薬局を閉めたら帰ることがほとんどでした。

 

まとめ 


大手調剤薬局に就職するメリットとデメリット

メリット

・研修制度がある : いざというときは「やって覚え」ましょう。

・マニュアルがしっかりしている : 業務がしやすいです。

・給与が決まっている : 条件で揉めることが最小限です。

デメリット

・ヘルプ、転勤がある : 正社員になると多め。個人の匙加減にもよります。

・休みがとりづらい : 雰囲気が濃いです。

・報告のための残業業務がある : 毎日あります。


いかがでしたでしょうか。


メリットとデメリットに関しては、個人的に感じるところが違うかもしれません。

また、入社した薬局さん(大手といえど、いくつもありますし、同じ薬局さんでも店舗ごとにも違ったりする)にもよることもありますが、少しでも参考になりましたら嬉しいです。

※中小調剤薬局に勤めるメリット・デメリットについてももまとめてみました(=゚ω゚)ノこちら