「調剤事務管理士資格を独学で合格したいと思うんだけど、どれくらい時間がかかるのかな」


いざ、資格を独学で受けたいと思っても、「どれくらい、なにをどの程度勉強すればいいのか」の目安を探したい方へ。

調剤事務管理士資格に独学合格した、私の勉強時間と、その時に立てたスケジュールを公開したいと思います。


本記事の内容

1.調剤事務管理士資格の独学に必要な勉強時間

2.スケジュールの立て方



1.調剤事務管理士資格の独学に必要な勉強時間


私が独学に要した時間は、実質2ヶ月、時間にして123時間ほど勉強しました。


私は3月に受験を設定しました。

1月は、独学は可能なのか、どのような資格があるのかを調べました。

受験の申し込みと、テキストを選びに本屋を何件かはしごをしていたので、実質的に勉強をした期間は2月と3月の2ヶ月間です。


2月→1日1時間半(1.5時間×28日=42時間)

3月→1日最低2時間(2時間×16日=32時間)

試験の1週間前→1日7時間(7時間×7日=49時間)


これで、計123時間ほどになります。


2.スケジュールの立て方



すること

2月

参考書を1冊終わらせる

3月1日~16日

問題集を解きながら、必要事項を参考書に書き込む

3月17日~24日

問題集を反復して解く

3月25日

受験日


私が実際に立てたスケジュールを例に、以下説明していきます。

このスケジュールを立てるポイントは2つあります。


POINT1 受験日から逆算する


決めた受験日からどれくらいの時間(期間)があるかを確認します。


使うことができる時間が分からないと、計画が伸び伸びになってしまいます。

私は資格を受験すると決めたら、まず試験日を決めてしまいました。それに、その方が、決意が揺るがなくていいかなと(笑)

また、決めてしまえば、「それまでに勉強しないといけない!」と思って自分を律することもできます。自己管理必須の独学において、最適な方法でした。


POINT2 することに対して幅を持たせる


スケジュールはざっくり決めましょう


ガチガチに決めてしまったら、修正が大変だからです。

上記のスケジュールをみて頂けたら分かると思いますが、ページ数まで決めていません。そういうことです。


例えば、参考書を1日20ページ必ずやると決めるとします。しかし、


「今日、急に用事が入った!でも問題集20ページ終わらせないといけない、明日やろう」


そうすると、明日はどうなるでしょうか……?

20ページ(今日の分)+20ページ(明日の分)= 40ページ

少なくとも私はこの量になってしまうと「マジかあ……(-_-;)」と、凹みます。


上記の計画を立てた上で、1週間単位での計画を立てるのはあり。仮に400ぺージある参考書であれば、1週間100ページずつやるとか。

ただ、1日の分量は、「できればいいな」程度に考えてください。


やれる日に、10ページでも20ページでもがっつりやればいいんです。それで他の日は、分からないところを時間かけて調べるとか。

ある程度柔軟に組む方が心も気持ち的にも楽です(´ω`)


まとめ


わたしが独学に要した時間は、実質2ヶ月、時間にして123時間ほどでした。

スケジュールを立てるPOINTは2つです。

・受験日から逆算する : 受験日を決めて使える時間を確認しましょう

・することに対して幅を持たせる : ざっくりとしたスケジュールだけを守りましょう


勉強時間、スケジュールに正解はありません。

私が独学した時間よりも少なく勉強して受かるかたもいらっしゃいます。

また、スケジュールもこれが絶対ではないので、自分のやりやすいようにアレンジしてみてくださいね(*´ω`*)参考になりましたら♪