「調剤事務管理士資格を取得したいんだけど、独学って可能かな。あと、独学の方法があれば知りたいな」


今回はそんな悩みにお答えします。

結論からいうと、調剤事務管理士資格は独学で合格可能です。

現役の調剤事務員として働いている私が、実際に調剤事務管理士資格を実質2カ月で独学で一発合格しました。

1.調剤事務管理士資格は独学で合格可能です 

私が合格するまでに実行したことは以下の3STEPです。


STEP1.スケジュールを決める

STEP2.自分に合った参考書を選ぶ

STEP3.ひたすら解く


ひとつずつ解説していきます。


STEP1.スケジュールを決める

まず、受験日を決めてから逆算して、いつまでにどの参考書をどこまで解くかというスケジュールを組みます。


調剤事務管理士の資格に限らないことですが、資格を独学すると決めたのであれば自己管理が必須です。


予備校やスクールではカリキュラムがあらかじめ組まれています。

高校受験や大学受験で塾や予備校を利用したことのある方は、その学習を思い浮かべてみてください。

無駄のないカリキュラムと、要点をおさえた参考書が予備校とスクールの最大の武器です。確実に合格を狙うならば、こちらを利用しない理由はありません。

しかし、人によっては事情があると思います。通うのが難しかったり、懐の事情だったり。
私もそれで独学をすることに決めました。

しかし、独学にはそれ相応のリスクがあります。

自分自身でスケジュール(カリキュラム)を組み、自分で参考書を選び、自分を律しながら勉強を続けること。

気を抜くと、「今日はいいや……」って、だらっとしてしまうので(;´・ω・)気をつけねばなりません。



こちらの記事では、実際私が組んだスケジュールを例にスケジュールの作り方について解説しています。気になる方はご参考に(´ω`*)


STEP2.自分に合った参考書を選ぶ

スケジュールを組むのと同時に(組むより先の方がいいかもしれませんが)、参考書を選びます。


調剤事務管理士資格試験受験時は参考書の持ち込みが可能です【会場受験経験者が持ち物について教えます】】の記事で書きましたが、調剤事務管理士資格を受験する際、参考書は試験のときに持ち込みが可能です。

なので、試験時まで連れ歩く『相棒』だと思って選びましょう。この記事の下に、私が実際使った参考書についても載せております。


STEP3.ひたすら解く

スケジュールを決めました。参考書も選びました。

あとは、解きましょう!


ここまで来て、至極シンプル、かつ根性論で申し訳ないのですが、問題量をこなすに越したことはありません。

算数の足し算、引き算を覚えるとき、ドリルを使って繰り返し説いた記憶はありませんか?

あれと同じです。覚えるためには反復練習が一番です。



参考書の選び方

では、参考書を選ぶにしても、ひたすら解くにしても、どういった参考書を選べばいいのか。

条件は2つあります。


最新の年度を選ぶこと

調剤報酬の改定が2年に1度あるため、必ず最新の年度の参考書を選んでください。加算の点数(値段)が変わってしまうため、注意が必要です。


自分が一番わかりやすいと思う本を選ぶこと

もし本屋に赴くことができるならば、開いてみて、自分が一番分かりやすいと思うものを選んでほしい。これがホンネ。


正直、参考書はその人によって好みがあります。本によって、レイアウトや説明の仕方が違います。私が使用した2冊を紹介しようと思います。

調剤報酬請求事務Version 基礎知識とレセプト作成 [ NIメディカルオフィス ]

価格:1,404円
(2019/4/22 12:20時点)

・NIメディカルオフィスさんの「調剤報酬請求事務―知識とレセプト作成―」

参考書兼問題集という色合いが強いです。全ページ説明ではなく、途中に問題も挟むので、その都度のアウトプットには最適でした。

付箋を貼って、どこになにが書いてあるかをメモしたり。こちらを教科書代わりに使っていました。


・ソラストさんの「調剤試験問題集【学科・実技】解答と解説」

これだけは独学する上では必須の問題集になると言っても過言ではありません。

実際試験を受けた身からすると、「問題集」を言い換えるならば「予想問題集」に近いです。本番の試験形式になっています。


参考書に関しては自分に合ったものを選ぶ。そして、そこで勉強してからは繰り返し問題集を解く、ということをしていました。


まとめ


独学合格のための3STEP

STEP1.スケジュールを決める : 自己管理が必須

STEP2.自分に合った参考書を選ぶ : 参考書+予想問題集で勉強を

STEP3.ひたすら解く : 反復練習は最強です


始めるときは「本当にできるものかしら」と半信半疑でしたが、試験日が近づくに連れて「やるしかない」と思ってやった記憶があるので、若干……いや、かなり根性論になってしまった感が否めない(;´・ω・)


手探りから始めた独学ですが、同じように始ようとしている、または始めた方の参考になりましたら嬉しいです。