「おかしいな、受験一週間前には受験票が送付されるはず……」

 

しかし待ってみるも届かず、もしかして郵便が遅れているのかもしれないと考えなおして、さらに2、3日待ってみても届かない。

そうした時の対処法は、調剤事務管理士技能認定試験を実施している技能認定振興協会さんに直接電話で確認することです。



1.調剤事務管理士技能認定試験の受験票が届かないときの対処法


私は調剤事務管理士の資格試験に個人で申し込みをしました。

1月に技能認定振興協会のHPから直接ネットで申請し、受験料コンビニ払いで手続きを済ませました。

 

そして、受験勉強をして、2月、3月の上旬が過ぎ、中旬になりました。

受験票は受験日の一週間前に発送されるとのことで、引き続き待つことしばらく。

受験日の3月の第4土曜日一週間前になりましたが、郵便ポストを確認しても受験票と思わしき郵便物はありません。週を明けても届かないことから、いよいよ雲行きが怪しくなってきます。

 

1-1.焦らずに技能認定振興協会に問い合わせましょう


さすがに5日前の夕方になっても届かないのはおかしい気がして、調剤事務管理士の認定試験を行う技能認定振興協会のお問い合わせに記載されている電話番号(急ぎの場合だったのでこちらを利用しまいた。もう少し時間の余裕があればメールでもよかったのかもしれません)より、問い合わせをしました。

優しいお姉さんが出てくれて、支払い状況、申込状況を確認してくれます。そして、肝心の受験票については……、

 

「さくら様でお間違えないですよね?先週のうちにすでに受験票は送付済みのようですが」


届いて、おりませんが……?

 

住所の確認もしてもらいましたが、間違っていないし、一体私の受験票がどこに届いてしまったのか非常に気になるところですが、再送して頂けるとのことで快く対応してくださり、2日後に無事届き、試験に臨むことができました。

受験票と一緒に試験会場のお知らせや、当日の持ち物の案内などが同封されておりますので、手元に届いていることを必ずご確認ください。

 

なお、受験票以外の持ち物についての記事も書いております。よろしければ合わせてご覧ください。

 

2.まとめ


受験票が届かないというレアケースに当たってしまったので(通常は問題なく届きます)、今回記事にしました。
受験票が届かない場合は、最低でも調剤事務管理士の資格試験日5日前には問い合わせてみましょう。それが一番早く、確実な方法です。